比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

楽天カードのメリット・デメリットのまとめ!楽天市場での利用は常にポイント2倍

      2016/04/08

「楽天カード」のメリットは、楽天市場での利用は常にポイント2倍になるクレジットカードです。

楽天市場と楽天のいろいろなサービスを利用することが、楽天ポイントを早く貯めるコツです。大変お得なキャンペーンも頻繁に行われています。カード会員専用サイト「楽天e-NAVI」をこまめにチェックすることが有効です。

楽天カードのデメリットを含めてまとめてみました。

楽天カードについて

カードブランドと電子マネー

楽天カードのカードブランドは、MasterCardJCBVisaの3種類となっています。

各カードとも基本機能は同じなのですが、電子マネーを利用する場合にチャージ時のポイント還元に違いがあります。

楽天カード

nanacoを使う人はJCBを選択

全国のセブン・イレブンで使える電子マネー「nanaco」を使う人はJCBを選択してください。JCBだけが直接nanacoにチャージができて、ポイント還元率が1%となります。

au walletを使う人はMasterCardを選択

auの決済サービスの「au wallet」を使う人はMasterCardを選択してください。

インターネット専用プリペイドカードの「楽天バーチャルプリペイドカード」を利用してチャージすることで、ポイント還元率を2.5%~3.5%まで高めることが可能になります。

楽天バーチャルプリペイドカードは、楽天カード発行後に審査なしで即時発行です。25種類以上のカードデザインから選択ができます。

楽天バーチャルプリペイドカード

楽天Edy

プリペイド式電子マネーの「楽天Edy」にチャージすることで、ポイント還元が0.5%になります。さらに、楽天Edyの利用で別途0.5%のポイントが還元されますので、合計1%のポイント還元となります。

年会費は永年無料

年会費は、本人・家族ともとても嬉しくなる永年無料です。何年間もカードを使っても、カードを作ったことを忘れてしまっても安心なので、楽天カードのメリットといえます。

ETCカードには年会費が500円(税別)必要です。ETCカード年会費請求月の楽天PointClubの会員ランクが「プラチナ」「ダイヤモンド」だと、年会費が無料となります。

楽天スーパーポイントの還元率

JCB・MasterCard・VISAが使って100円=1ポイント

楽天カード(JCB・MasterCard・VISA)を利用すると楽天スーパーポイントが、いつでも100円=1ポイント(還元率1%)が貯まります。

楽天市場でいつでもポイント2倍

楽天市場、楽天ブックスや楽天トラベルなどの楽天グループで楽天カードを利用するといつでもポイント2倍の100円=2ポイント(還元率2%)の楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天ダイニング加盟店でポイント2倍

レストラン・居酒屋・カラオケなどの楽天ダイニング加盟店で楽天カードの利用でポイント2倍の100円=2ポイント(還元率2%)の楽天スーパーポイントが貯まります。

全国的な店舗としては、庄や、日本海庄や、くいもの屋わん、世界の山ちゃん、紅虎餃子房、東天紅、IHG ANA、東京純豆腐、一番どり、コロッケ倶楽部、千房、竹取御殿、いろはにほへと、寧々家、時遊館などがあります。

街のポイント加盟店でポイント2〜3倍

街のポイント加盟店で楽天カードを利用すると、100円につきポイント2~3倍の2~3ポイント(還元率2〜3%)の楽天スーパーポイントが貯まります。

加盟店には、ENEOS、コナカ、SUIT SELECT、メガネストアー、エースコンタクト、ビジョンメガネ、エステのTBC、てもみん、アリさんマークの引越社、アート引越センター、サカイ引越センター、自遊空間、大江戸温泉物語、得タクネットワークなどがあります。(ENEOS・てもみんは2倍、その他は3倍です。)

街ナカで提示するだけでも楽天スーパーポイントが貯まります。(※進呈されるポイント数は加盟店により異なります)

楽天Edyを使って200円につき1ポイント

全国の楽天Edy加盟店で、楽天Edyで支払うと200円につき1ポイント(還元率1%)の楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天Edyが使える主なお店

コンビニセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、スリーエフ、ポプラ
スーパーイトーヨーカドー、ピアゴ、やまや、サミット、アピタ、阪急オアシス、関西スーパー
ドラッグストアツルハドラッグ、マツモトキヨシ、くすりの福太郎
ネットショップアマゾン、アメーバ、GREE、グルーポン、Joshin web、DMM.com、Nissen Online、mora、ライン、楽天市場
本・CD&DVDブックオフ(直営店)、TSUTAYA、紀伊國屋書店、八重洲ブックセンター、タワーレコード渋谷店
家電ケーズデンキ、エディオン、PC DEPOT、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ
百貨店・モール高島屋、コレド日本橋、コレド室町、東京駅一番街、ダイバーシティ東京、アクアシティお台場、TOC有明、アリオ、天満屋、阪急百貨店、阪神百貨店
服飾・雑貨等紳士服はるやま、紳士服のコナカ、Gap、ドン・キホーテ、ロフト、ホーマック、ペットの専門店 コジマ
飲食マクドナルド、ガスト、魚民、バーミヤン、リンガーハット、笑笑、ジョナサン、はなの舞、白木屋、ロイヤルホスト、タリーズコーヒー、すき家
アミューズメントビックエコー、SHIDAX、歌広場、ワイプ、メディアージュ、まんが広場、としまえん
サービスヤマト運輸、キンコーズ、ホワイト急便、てもみん
カーライフHONDA、ニッポンレンタカー、NEXCO中日本

ETCカード利用で100円につき1ポイント

ETCカードで通行料金を支払うと、100円につき1ポイント(還元率1%)の楽天スーパーポイントが貯まります。

ポイントを貯めるほど「会員ランク」がアップ

6ヶ月間の獲得ポイント数とポイント獲得回数によって、楽天PointClubの会員ランクが5つに分類されます。「ダイヤモンド」のランクを1年キープすることで、楽天グループで利用できるクーポンが月替わりでもらえたり、楽天24での買い物はポイント還元率がいつも3倍になります。

ポイントを貯めるほど「会員ランク」がアップいたします。

会員ランクアップの条件は次の通りです。

レギュラーポイント対象の楽天サービス利用で、ポイントを獲得
シルバー過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールド過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナ過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンド過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得かつ楽天カードを保有

新規入会キャンペーンが頻繁

楽天カードは、新規入会キャンペーンが頻繁に行っています。入会時は楽天のホームページのチェックを忘れないようにしましょう。既加入者のかたも、月に2回ポイントが最大10倍になる優待キャンペーンなどがあります。

楽天カードのデメリット

ETCカードの年会費

ETCカードの年会費は500円(税別)の費用が発生します。ETCカード年会費の請求月に楽天PointClubの会員ランクが「プラチナ」または「ダイヤモンド」で、ETCの年会費は無料になります。

電話での問い合わせが有料

楽天カードのコールセンターへの電話での問い合わせ電は有料です。対応してくれるオペレーターの人数が少ないため、電話に出るまでに時間がかかることが多いです。

利用明細

楽天カードの利用明細を発行してもらうと82円(税込)の手数料が発生します。毎月利用明細を発行すると、1年間で984円の手数料が発生してしまいます。

まとめ

楽天カードのまとめは次の通りです。

女性向けに、楽天PINKカードもあります。女性の方はあわせて読んでみてください。

楽天PINKカードのメリット・デメリットのまとめ!女性向け年会費永年無料クレカ

メリット

  • カードブランドは、MasterCard、JCB、VISAの3種類
  • 電子マネーへのチャージで、1%〜3.5%のポイント還元率
  • 年会費は、本人、家族カードともに永年無料(ETCカードは有料)
  • 楽天スーパーポイントへの還元率は1%以上(ETC利用でも可)
  • 楽天市場での利用はいつもポイント2倍
  • ポイントをためれば「会員ランク」がアップして優遇あり
  • 新規入会でまともったポイントをゲットできることが多い

デメリット

  • ETCカードは、年会費が500円(税別)発生する点

(参考)ETCカードの年会費が無料のクレジットカードは以下をおすすめいたします。

以上が、楽天カードのメリット・デメリットのまとめ!楽天市場での利用は常にポイント2倍でした。

 - クレジットカード , ,