比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

「先取り貯蓄」で貯蓄成功を導く方法のまとめ

   

とにかく「貯蓄の先取り!」することが貯蓄成功を確実に行う鉄則です。お金を使うよりも先に銀行の預貯金口座へ自動的に預金することで、賢い家計管理を行って貯蓄が成功する方法をご紹介します。

「先取り貯蓄」って何?

「生活費が残ったら貯蓄に回そう」と考えていませんか?
そのようにしている人は、考え方を変えることをおすすめします。

収入から貯蓄分を先に取ってしまって、残りのお金を生活費にすることが「先取り貯蓄」です。

  • 正しい: 収入 ー 貯蓄 = 生活費
  • 間違い: 収入 ー 生活費 = 貯蓄

賢い家計管理の鉄則である「先取り貯蓄」を毎月繰り返すことが貯蓄成功につながります。

「先取り貯蓄」の金額

「先取り貯蓄」の金額は、次のように考えることが重要です。

  • 正しい: こんなに貯蓄すると、家計のやりくりがちょっと大変と思う金額
  • 間違い; 先に貯蓄しても、無理なく生活ができると思う金額

賢く家計管理するために、「家計サイズをできるだけ小さくする」ことを実践しましょう。

金額

貯蓄がうまくできないよくある原因

貯蓄がうまくできない要因が多い費目を次の通りご紹介します。賢い家計管理をするために、家族で一緒にじっくりと話し合うことで、上手な貯蓄ができるようにしましょう。

子供の費用

子どもの数は、減少しているにもかかわらず、1人の子どもにかかる費用が増加している家庭が増えています。

また、子どもにかかる費用は、子どもの成長とともに増加していく傾向があります。もし、子どもが小学生までの家庭で、子どもを理由に貯蓄がうまくできていないのであれば、子どもに対するお金のかけ方を見直す必要があると思います。

お小遣い

夫の小遣いが、家計管理の中で重荷になっていませんか?
家計が苦しい家庭は、夫の小遣いを見直すことはやむを得ないと思います。(男性のみなさんごめんなさい)

一方、妻の小遣いにも注意が必要です。妻の小遣いは、家計で予算化されていない場合が多いため、いろいろな費目に埋もれる可能性があります。妻の小遣いも夫の小遣い同様に予算化するようにしましょう。

保険料

保険料の見直しをすることは、とても重要なことです。
もし保険のかけすぎ、保険の重なりなどがあれば、すぐに適切な保険契約に変更しましょう。

家計が厳しいために、生命保険などの保障額を減額している家庭が多くなっているのですが、やみくもな保障減額はおすすめできません。
保険加入の目的は、不慮の事故や病気の時に準備しているものです。万が一のときに、保険金が少なく後悔するようなことは避けたいです。

保険の保障額を少なくすることで、家計が楽になるかもしれません。しかしながら、将来のリスクが大きくなって危険度が増加することを十分に理解してください。

先取り貯蓄のまとめ

  • 給料は家計に入れる前に、毎月一定額の貯蓄分を先に別口座の預貯金口座にいれましょう
  • 先取り貯蓄額は、家計のやりくりが少し厳しいと感じるくらいが適切です
  • 子どもの費用、お小遣い、保険料など、貯蓄できない要因を考えてみましょう。

 - お金の知恵 , , ,