比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

REX CARD(レックスカード)のメリット・デメリットのまとめ!価格コム利用者は必見

   

REX CARD(レックスカード)は、ポイント還元率が1.5%の高還元率クレジットカードです。価格コムとの提携カードのため「価格.com安心支払いサービス」で利用すると還元率が1.75%にアップするREX CARD(レックスカード)のメリット・デメリットについてまとめてみました。

REX CARD(レックスカード)とは

カードブランド

REX CARD(レックスカード)のカードブランドは、Visaのみです。

カードデザインは、ワイン色に近いマットボルドーとマットブラックの2種類です。

REX CARD(レックスカード)

年会費

REX CARD(レックスカード)の年会費は、次のようになっています。

  • 本人会員;初年度年会費無料・翌年度以降2,500円(税別)
  • 家族会員:本人会員が入会初年度の場合に年会費無料・翌年度以降1名あたり400円(税別)

前年度のカード利用合計金額が50万円以上の場合は、次年度の年会費は本人・家族会員とも年会費無料となります。

ETCカードを申込みをするには、レックスカードライトが手元に到着してから、Web会員サービス「インターコムクラブ」で申込むか、カスタマーセンターに連絡するようになっていますので、同時に申込みができないことを注意してください。

インターコムクラブ

ポイントサービス

ポイントを貯める

毎月のREX CARD(レックスカード)の利用合計金額2,000円ごとに、REX POINT30ポイント(月間のリボ払い利用合計金額2,000円ごとに40ポイント)貯まります。REX POINTの有効期限は2年間となっています。

1ポイント=1円相当のため、ポイント還元率は1.5%(2%)となります。「価格.com安心支払いサービス」の利用時は、利用合計金額2,000円ごとに、REX POINT35ポイント付与されるため1.75%の還元率になります。(リボ払いは2%のまま)

また、電子マネーの「モバイルSuica」「ICOCA」へのチャージがポイント付与の対象となっています。
(電子マネー「Edy」「nanaco」へのチャージ、キャッシング、カード年会費は、ポイント付与対象外となっています。 )

(参考)nanacoへのチャージは、つぎのカードがお得です。

ポイントを交換する

Jデポに交換

カード利用分から値引きができる「Jデポ」に1,500REX POINTごとに1,500Jデポ(1,500円相当)に交換できます。なお、Jデポは現金と同様の価値で、Jデポの利用額に応じて、カード利用額からJデポ分を値引きしてくれるサービス(年会費、キャッシング、Jデポ有効期間外の利用分は値引対象外)となっています。

ANAマイルに交換

1,500REX POINTごとに、ANAのマイル300マイルと交換できます。

付帯される保険

「ネットあんしんサービス」

インターネットでカードが不正利用されたときに、「ネットあんしんサービス」が、ジャックスに届けた日から90日間まで遡って、不正利用金額を補償してくれます。

カード盗難保険

カードの紛失・盗難による不正利用金額を、提出前60日・提出後後60日の計121日間カード盗難保険が補償してくれます。

旅行傷害保険またはショッピング保険が選べる

REX CARD(レックスカード)申し込み時に、「旅行傷害保険」または「ショッピング保険」のいずれかが選択できます。

旅行傷害保険

旅行中の事故、病気やケガの治療、携行品の破損などの損害を幅広く補償してくれる国内旅行傷害保険は、最大1,000万円まで利用付帯(*)、海外旅行傷害保険は、最大2,000万円まで自動付帯で補償金額は各々以下の通りです。

(*)旅行時(旅行の前後及び旅行中)の移動手段として使う公共交通機関の料金や、旅行のツアーパッケージ代金などを、クレジットカードで決済することで付帯されます。

海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害2,000万円※傷害死亡
※後遺傷害保険金:80~2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円1年間の限度額
国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害1,000万円※死亡の場合
※後遺傷害保険金:30万円~1,000万円
入院保険金日額5,000円日額
通院保険金日額3,000円日額
手術保険金20万円 5万円/10万円/20万円(手術の種類による)

ショッピング保険

国内外を問わず、REX CARD(レックスカード)で購入した商品を購入日から90日間、盗難・破損などの偶然な事故によって被った損害を年間100万円(1事故につき自己負担3,000円)まで補償してくれます。

REX CARD(レックスカード)のメリット・デメリットのまとめ

メリット

  • 通常のポイント還元率1.5%と高い点
  • 「価格.com安心支払いサービス」を利用すると、ポイント還元率1.75%とさらに高くなる点
  • 各種保険が充実していて、旅行保険かショッピング保険の選択が可能な点

デメリット

  • 年会費が、2,500円発生する点

REX CARD Lite(レックスカードライト)との比較

年会費無料のREX CARD Lite(レックスカードライト)と年会費2,500円(税別)のREX CARD(レックスカード)はどちらがお得なのでしょうか。

REX CARD Lite(レックスカードライト)のメリット・デメリットのまとめ!年会費無料の1.25%の高還元率クレカ

リクルートカードの年会費2,160円(税込)をポイントで回収するのに必要なカード利用額を計算してみました。

ポイント還元率は、REX CARD Lite:1.25%、REX CARD:1.5%となっています。そのポイント差0.25%で年会費の2,160円を回収するためには、86.4万円(=2160÷0.25%)の利用が必要となります。つまり、年間86.4万円(月平均約72,000円)の利用の可否が判断ポイントになります。ただし、50万円以上の利用で次年度の年会費が無料となります。

注意点は、REX CARD Liteは、毎回の利用額でポイントが発生するためポイント還元率0.63%〜1.25%となります。つまり0.63%で同様の計算をすると、年間248,276円(月平均20,689円)の利用可否が次の判断ポイントです。

私の判断ポイントは、中間値である約39万円(約月32,000円)を年間に利用するかどうかで判断しました。

 - クレジットカード ,