比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

P-one Wiz(ピーワンウィズ)のメリットとデメリットのまとめ!1%割引とポイントのダブル還元クレカ

      2016/04/11

「P-one Wiz」(ピーワンウィズ)のメリットは、リボ払い専用カードを一括払いすることでとてもお得に使うことができるクレジッドカードです。

どこで使っても常に還元率は1.5%のポケットカード株式会社から発行されたP-one Wizのメリット・デメリットについてまとめてみました。

P-one Wiz(ピーワンウィズ)について

カードブランド

「P-one Wiz」(ピーワンウィズ)のカードブランドは、MasterCardJCBVISAの3種類になっています。どのカードブランドもICチップが搭載されて、カードデザインはレッドとシルバーの2種類となっています。

写真のように合計6種類のカードデザインとなっています。

P-one Wiz

年会費

本人会員カード・家族カード

年会費は、本人会員カード・家族カード(*)とも永年無料となっています。このことは、P-one Wiz(ピーワンウィズ)のメリットです。

(*)本人会員と生計を同一にする家族(高校生を除く18歳以上)の方が申し込めます。本人会員カード1枚につき、家族カードは3枚まで発行できます。

ETCカード

ETCカードは、新規発行手数料として1,000円(税別)必要です。さらに、有効期限の更新には別途1,000円(税別)が必要となります。

後述しますが、ETC利用は1%割引対象外のため、還元率は0.5%となってしまいます。

ポイント還元率

請求時に1%割引

それぞれの商品の利用額(100円以下は切り捨て)に対して、請求時に1%割引(上限なし)があります。ただし、主に次の利用に対しては対象外になっているため、ご注意してください。

  • 電子マネーへのチャージ
  • 金券類の購入
  • 生命・損害保険料の支払い
  • ETCカード利用
  • キャッシング利用 等

ポケットポイントが1,000円利用で1ポイント貯まる

ピーワンウィズの利用額に応じて、1,000円あたりポケットポイントが1ポイントが付与されます。ポケットポイントは、1ポイントは3円相当なのですが、Tポイントへの交換は、

ポケットポイント:1Point = Tポイント:5Point(5円相当)

Tポイント

となっています。つまり、ポケットポイント還元率は0.5%ということになります。100ポケットポイントから最長翌日交換可能となっています。なお、ポイントの有効期限は2年です。

ポイント還元率1.5%

ピーワンウィズは、利用金額の1%割引と、0.5%相当のポケットポイントが付与されるため、合計でポイント還元率1.5%となります。Tポイント以外への交換は、ポイント還元率1.3%になるので注意が必要です。

入会特典として6ヶ月間はポケットポイント3倍

入会特典としてカード発効日から6ヶ月間、通常ポケットポイント(0.5%)が、3倍の1.5%と+1%上乗せになります。利用金額の1%割引と合計でポイント還元率が、最大2.5%となります。

入会特典のポイント上乗せ分(+1%)は、通常利用でのポケットポイント付与より1ヶ月遅くなる点に注意してください。

P-ONEモールでボーナスポイント

会員限定ネットショッピングモール「P-ONEモール」でショッピングをすると、ボーナスポイントがプラスされます。期間限定のキャンペーンも多く開催されています。

P-ONE MALL

ボーナスポイントが付与される主なサイトは以下の通りです。例えば、本、CD、DVDをポケットブックストアを利用すると、入会から6ヶ月間は割引とポイント還元率とボーナスポイント合計で10%になります。それ以降も9%と高還元率になります。

サイト名ボーナスポイント
(1000円につき)
Tポイント
交換還元率
Tポイント以外
交換還元率
楽天市場+2ポイント1.0%0.6%
Yahoo!ショッピング+4ポイント2.0%1.2%
ポケットブックストア+15ポイント7.5%4.5%
【落札】ヤフオク!+3ポイント1.5%0.9%
トイザらス+6ポイント3.0%1.8%
LOHACO+6ポイント3.0%1.8%
Joshin ネットショッピング+2ポイント1.0%0.6%
総合通販PREMOA(プレモア)+2ポイント1.0%0.6%
セシール+4ポイント2.0%1.2%
ベルメゾンネット+5ポイント2.5%1.5%
ふるなび+5ポイント2.5%1.5%
ひかりTVショッピング+4ポイント2.0%1.2%

ポケットポイント交換

ポケットポイントは、100ポイントから交換が可能となっています。ポイントの有効期限は2年間となっており、主な交換可能な商品は以下の通りとなっています。

交換先必要ポイント交換金額
Tポイント100500
ドコモポイント(dポイント)300900
au WALLETポイント300900
現金(口座振込)300900
JALマイル300450
Amazonギフト券3301,000
QUOカード1,0003,000
図書カード1,0003,000
ジェフグルメカード9803,000

デメリット

【重要】一括払いへの変更手続きが必須

P-one Wiz(ピーワンウィズ)は、リボ払い専用カードとしての申込みになるため、高還元率のクレジットカードになっています。無計画に使うとリボ金利で、お得な還元がなくなってしまいます。

そこで、次の設定を一度することで、P-one Wiz(ピーワンウィズ)をリボ金利を支払わなくてすむ一括払いのクレジットカードに設定することを強くおすすめします。

  1. 発行元の「ポケットカード」のサービス「ネットカウンター」にログイン
  2. 「ずっと全額コースの登録」のボタンをクリック

ETCカード

ETCカードの新規発行手数料として1,000円(税別)さらに、有効期限の更新には別途1,000円(税別)の費用が必要となることが、P-one Wiz(ピーワンウィズ)のデメリットです。

P-one Wiz(ピーワンウィズ)のまとめ

メリット

  • カードブランドは、MasterCard、JCB、VISAの3種類
  • 年会費は、本人・家族カードともに永年無料(ETCカードは有料)
  • カード利用額の1%割引とポケットポイント還元率0.5%の2つの合計で1.5%の還元率
  • 入会後6ヶ月間は、ポケットポイントが3倍(合計還元率2.5%)
  • P-ONEモール利用で、ボーナスポイントあり

デメリット

  • リボ払い専用カードなので、一括払い専用カードへの変更が必要
  • ポケットポイントは、100ポイントから交換可能で有効期限2年間
  • ETCカードの新規発行手数料と更新手数料が1,000円(税別)で必要なこと

(参考)カード年会費およびETCカードの年会費が無料のクレジットカードは以下をおすすめいたします。

以上、P-one Wiz(ピーワンウィズ)のメリットとデメリットのまとめ!1%割引とポイントのダブル還元クレカでした。

 - クレジットカード , ,