比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

楽天銀行の住宅ローンのメリットとデメリットのまとめ!金利・手数料比較

   

楽天銀行の住宅ローンのメリットは、来店不要となっており、skype利用で土日を含めて22時まで相談が可能なことです。変動金利の利用中はいつでも固定金利に変更可能となっているので、その時々の状況に合わせた金利タイプを選択することが可能になっています。

楽天銀行の住宅ローンの商品(金利・手数料)

利用できる人

  • 借入時の年齢が65歳6ヶ月未満で、完済時の年齢が満80歳未満のかた
  • 日本国籍を持っているかた、永住許可等を持っている外国人のかた
  • 前年の年収(自営業のかたは申告所得)が、申込人と連帯債務者(申込人と連帯債務者の関係は配偶者のみ)の合計で400万円以上のかた
  • 他の借入と楽天銀行住宅ローンの借入金額をあわせた年間返済額が、年収に占める割合として30〜35%までのかた

資金用途・対象地域

申込本人が居住するための新築住宅の建設資金・購入資金、中古住宅の購入資金

  • 現在居住の借り換えも利用可能です。
  • 購入する物件の面積によっては、住宅ローンを利用できない場合もあります。
  • 不動産は、建築基準法およびその他法令の定めに合致していることが必要です。
  • 中古住宅の購入資金とあわせて増改築資金、借り換えとあわせて増改築資金も利用可能です。
  • セカンドハウスは利用できません。

対象地域

  • 北海道、本州、四国、九州、沖縄本島と淡路島(離島は除く)

借入可能金額

500万円以上1億円以内

  • 楽天銀行の所定担保評価に基づき融資金額の上限が決定されます。
  • 融資金額に次の諸費用を含めることができます。

使いみちが借り換え以外の融資に含める諸費用

  • 融資に関する登記費用
  • 楽天銀行の融資事務手数料
  • 火災保険料
  • 融資に関する金銭消費貸借契約書に貼付する印紙代
  • 不動産仲介手数料
  • 修繕積立一時金
  • 水道負担金
  • 引越費用等の住宅取得に関する諸費用

使いみちが借り換えの融資に含める諸費用

  • 融資に関する登記費用
  • 楽天銀行の融資事務手数料
  • 現在の借入先の繰上返済手数料
  • 経過利息
  • 新たに加入する火災保険料
  • 融資に関する金銭消費貸借契約書に貼付する印紙代等の借り換えに関する諸費用

借入期間

次のいずれかの短い期間が借入期間になります。

  • 1年以上35年以内(1年単位)
  • 完済時の年齢が満80歳となるまでの年数
  • (借り換えの場合)35年から、住宅を取得した当初の住宅ローンの経過期間を減算した年数

借入利率

変動金利または固定金利(2・3・5・7・10年)の金利タイプを選択できます。

  • 新規の融資基準金利は、市場金利をもとに毎月15日以降に、翌月分の基準金利が決定します。
  • 変動金利を選択している期間は、毎年2/1および8/1の年2回、借入利率が変更されます。
  • 変動金利の適用期間中に固定金利に変更することが可能です。
  • 固定金利の適用期間中は、変動金利に変更または固定金利の適用期間の変更はできません。
  • 借入金利は、審査結果等で引き下げ幅を基準金利から差し引きます。(元利金の返済遅延が発生すると、金利引下げが中止になることがあります。)
  • 借入金利は、融資実行日時点の金利になります。
  • 他行口座を返済用口座に指定したときは、上乗せ幅は年0.3%になります。
  • 債務者および連来債務者を被保険者とする夫婦連生型団体信用生命保険に加入した場合は、上乗せ幅は年0.2%になります。

返済方法

返済方法は、次のいずれかが選択できます。(6ヶ月毎のボーナス払い(融資金額の40%以内)も併用可能です)

  • 元利均等毎月返済
  • 元金均等毎月返済

返済口座

  • 住宅ローンの返済口座は、楽天銀行口座と全国1400以上の金融機関から自由に選択が可能です。

返済日

  • 返済口座が楽天銀行の場合:毎月27日
  • 返済口座が楽天銀行以外の場合:毎月5日

担保

  • 融資対象の建物と土地に、第1順位の抵当権の設定が必要です。

保証人・保証料

  • 不要です。

団体信用生命保険

  • 楽天銀行が指定する団体信用生命保険に加入する必要があります。保険料は、楽天銀行が負担してくれます。
  • 連帯債務者が団体信用生命保険に加入を希望する場合、夫婦連生型団体信用生命保険に加入が可能です。(借入金利に年0.2%上乗せになります。借入金が5,000万円超のときは、生命保険会社所定の健康診断書の提出が必要です)

火災保険

  • 返済終了までの間、借入対象になる建物に火災保険加入が必要です。

融資事務手数料

  • 324,000円(税込)

繰上げ返済手数料

  • 無料 (1回あたり100万円以上から繰上返済が可能)

楽天銀行の住宅ローンのまとめ

メリット

  • skype利用で、土日を含めて22時まで相談が可能なこと
  • 土地先行取得または注文住宅の場合、つなぎ融資が可能なこと

デメリット

  • 繰上返済手数料は無料ですが、100万円以上からとなっている点
  • 抵当権設定登記の司法書士は楽天銀行が指定すること

以上、「楽天銀行の住宅ローンのメリットとデメリットのまとめ!金利・手数料比較」でした。

 - 住宅ローン