比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

山形銀行カードローンのメリット・デメリットのまとめ

      2016/07/18

山形銀行カードローンのメリットは、専業主婦、パート・アルバイト、年金受給者、個人事業主も利用ができること、借入限度額は最大500万円となっており、インターネットで申込から融資まで来店不要で完結できます。また、利用限度額にかかわらず所得証明書は不要です。

おすすめカードローン

山形銀行カードローンの商品詳細

カードローンを利用できるかた

次の条件を満たすかたが、山形銀行のカードローンを利用できます。

  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の個人のかた
  • 専業主婦、パート・アルバイト、年金受給者、個人事業主のかたも利用可能です。
  • 山形銀行所定の審査基準を充足し、保証会社であるアコム株式会社の保証が受けられるかた

カードローンの使途

  • 事業性資金以外ならば自由に利用できます。

利用限度額

  • 10万円~500万円(10万円単位)
    ※利用限度額は上記金額の範囲内で所定の審査によって決定されます。

カードローンの契約期間

  • 1年間
  • 審査をしたうえで、契約期間は自動更新されます。
  • 更新時に満70歳を超えている場合は、以後の新規借り入れはできなくなります。

借入利率

  • 利用限度額に応じて、借入利率が次のように決定されます。
利用限度額借入利率
100万円未満年14.6%
100万円以上200万円未満年12%
200万円以上400万円未満年8%
400万円以上500万円未満年7%
500万円年4.5%

遅延損害金

  • 年18.0%

カードローンの借入方法

  • ローン専用カードが発行されます。(通帳の発行はありません)
  • 山形銀行ATM、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATMでローン専用カードで借入可能です。
  • ローン専用カード到着前に融資が必要な場合、利用限度額範囲内で返済用預金口座に融資金を振込をすることも可能です。(申込時間によって、翌営業日以降になるときもあります)
  • 自動融資機能によって、公共料金の自動支払やクレジットカードの決済時、返済用預金口座残高が不足した場合、利用限度額範囲内で不足額を以下の場合を除いて自動的に融資されます。
    • カードローンを含む山形銀行の借入金や代理貸の返済金
    • 返済用預金口座で「マイカード」「財形カード」「サポート」のカードローンを利用している場合
    • つみたて投信の購入代金や積立型定期預金の積立金
    • 当行自動送金サービスおよびネットバンクによる送金資金

カードローンの返済方法

約定返済

  • 毎月の返済金額は、返済日(3日(休日の場合は翌営業日))の返済日前日の利用残高に応じて次表の通りになります。
  • 指定した預金口座から、毎月の返済金額が自動引落としされます。
返済日前日の利用残高返済金額
10万円以下2,000円
20万円以下4,000円
30万円以下6,000円
40万円以下8,000円
50万円以下10,000円
残高が10万円増すごとに返済金額は2,000円ずつ追加
100万円以下20,000円
110万円以下21,000円
残高が10万円増すごとに返済金額は1,000円ずつ追加
500万円60,000円
(200万円)(30,000円)
(300万円)(40,000円)
(400万円)(50,000円)

随時(任意)返済

  • 山形銀行ATM、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATMから、ローン専用カードを利用することで、好きなときに好きな金額を任意で返済することが可能になります。(任意返済しても、毎月の返済(約定返済)は必要です。)

担保・保証人

  • 保証会社(アコム株式会社)の保証がついているため、原則担保・保証人は不要です。

手数料

  • 新規契約時のカード発行手数料は無料(紛失による再発行の時は、所定の手数料が発生します)
  • 契約手数料は無料です。
  • ATM(山形銀行ATM、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM等)から返済・借入するとき、利用するATMや曜日・時間帯によって所定の手数料が発生する場合があります。

必要書類

本人確認資料

  • 運転免許証、パスポート、各種健康保険証などが必要です。

山形銀行カードローンのまとめ

メリット

  • 専業主婦、パート・アルバイト、年金受給者、個人事業主も利用可能
  • インターネットで申込から融資まで完結(来店不要)
  • 利用限度額にかかわらず収入証明書は不要

デメリット

  • ATMから借入するとき、所定の手数料が発生する場合がある

以上、「山形銀行カードローンのメリット・デメリットのまとめ」でした。

 - カードローン