比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

多摩信用金庫カードローン「カードローン2WAY・カードローンCITY」のメリット・デメリットのまとめ

   

多摩信用金庫カードローン「カードローン2WAY・カードローンCITY」のメリットは、収入証明書類の提出が不要な信用金庫系カードローンとなっています。

おすすめカードローン

多摩信用金庫カードローン「カードローン2WAY・カードローンCITY」の商品詳細

カードローンを利用できるかた

次の条件を満たすかたが、多摩信用金庫のカードローン「カードローン2WAY・カードローンCITY」を利用できます。

  • 満年齢が満20歳以上満65歳未満のかた
  • 安定継続した収入のあるかた
  • 多摩信用金庫の営業区域内(<東京都>杉並区、世田谷区、練馬区、中野区、渋谷区、新宿区、豊島区、港区、目黒区、立川市、昭島市、府中市、三鷹市、調布市、小金井市、小平市、武蔵野市、東村山市、国分寺市、国立市、西東京市、八王子市、日野市、町田市、青梅市、福生市、清瀬市、狛江市、東久留米市、東大和市、武蔵村山市、稲城市、多摩市、あきる野市、羽村市、西多摩郡<神奈川県> 相模原市、川崎市の内多摩区、麻生区、高津区、宮前区<埼玉県>所沢市、入間市、狭山市、新座市、飯能市)に居住または勤務(営業)されているかた
  • 保証会社である一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けられるかた

カードローンの使途

  • 事業性資金を除いて、自由に利用できます。

借入限度額

  • 借入限度額は、20万円以上100万円以内の3種類(20万円、50万円、100万円)から、多摩信用金庫所定の審査に基づき決定されます。

借入利率

  • 借入利率は、年14.5%です。

カードローンの借入方法

ATMから借入する方法

  • ローン専用カードが、契約後発行されます。
  • 多摩信用金庫ATMから出金をすることで借入利用できます。(利用するATM・時間帯によって、所定のATM利用手数料が発生する場合があります。)

カードローンの返済方法

約定返済

  • 毎月10日(多摩信用金庫が休業日の場合は翌営業日)の約定返済日に、利用残高に応じて下記返済額が指定の返済用預金口座から引き落しされます。
利用残高返済額
50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円

随時(任意)返済

  • 多摩信用金庫ATMや本支店窓口から、好きなときに好きな金額を任意で返済することが可能になります。(任意返済しても、毎月の返済(約定返済)は必要です。)

担保・保証人

  • 原則担保・保証人は不要です。
  • 一般社団法人しんきん保証基金が保証会社です。

手数料

  • カードローンの申込・入会金・年会費は無料です。
  • 利用するATM・時間帯によって、所定のATM利用手数料が発生する場合があります。

必要書類

本人確認書類

  • 本人確認書類として、運転免許証、住民基本台帳カード、パスポートなどが必要です。

多摩信用金庫カードローン「カードローン2WAY・カードローンCITY」のまとめ

メリット

  • 収入証明書類の提出が不要なこと

デメリット

  • 利用するATM・時間帯によって、所定のATM利用手数料が発生する場合があること
  • 月々10,000円からの返済額のため返済がしにくいこと

以上、「多摩信用金庫カードローン「カードローン2WAY・カードローンCITY」のメリット・デメリットのまとめ」でした。

 - カードローン , ,