比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

池田泉州銀行カードローン「パッとサッと」のメリット・デメリットのまとめ

   

池田泉州銀行のカードローン「パッとサッと」のメリットは、残高不足時の自動融資機能が備わっている銀行系カードローンです。借入限度額は10万円・30万円タイプの2種類で10万円タイプの場合、収入証明書類提出不要のカードローンです。

おすすめカードローン

池田泉州銀行カードローン「パッとサッと」の商品詳細

カードローンを利用できるかた

次の条件を満たすかたが、池田泉州銀行のカードローン「パッとサッと」を利用できます。

  • 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満のかた
  • 毎月安定した収入を見込めるかた
  • 保証会社である株式会社池田泉州JCBの保証を受けられるかた
  • 日本国籍のかた(外国人のかたは、永住許可等を受けているかた)
  • 池田泉州銀行営業エリアに居住されているかた

カードローンの使途

  • 事業性資金を除いて自由に利用できます。

借入限度額

  • 借入限度額は、10万円、30万円の2タイプ用意されています。

借入利率

  • 借入金利(固定金利)は、年14%です。

カードローンの借入方法

ATMによる借入

  • ローン専用カードが、契約後発行されます。
  • 池田泉州銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、ゆうちょ銀行ATMなどから借入可能です。(利用するATMや曜日・時間帯によって所定の手数料が発生する場合があります。

自動融資による借入

  • 自動振替請求時(公共料金、クレジット代金など)に返済用預金口座の残高不足が発生したとき、カードローンから自動的に融資してくれる機能です。
  • 次の取引によって残高不足になったときは、対象外です。
    • 池田泉州銀行からの借入金返済(本カードローンの約定返済を含む)
    • 預金間の振替(積立定期の天引など)
    • 定額自動送金
    • 預金の払戻し(返済用預金口座の支払可能残高を超えた払戻し)
    • デビットカードの取引
    • 本カードローンの諸費用

カードローンの返済方法

約定返済

  • 指定した返済用普通預金口座から、毎月10日(池田泉州銀行が休業日の場合は翌営業日)に自動引落しで返済する方法です。
  • 毎月の返済額は、借入限度額に応じて、次のようになります。
    • 10万円の借入限度額の場合、毎月の返済額は5,000円
    • 30万円の借入限度額の場合、毎月の返済額は10,000円

随時(任意)返済

  • 池田泉州銀行本支店の窓口または池田泉州銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、ゆうちょ銀行ATMなどから、好きなときに好きな金額を任意で返済することが可能になります。(任意返済しても、毎月の返済(約定返済)は必要です。)

担保・保証人

  • 原則担保・保証人は不要です。

手数料

  • カードローン契約は無料です。
  • 紛失などによるカード再発行は、手数料として1,080円必要です。
  • 利用するATMや曜日・時間帯によって所定のATM手数料が発生する場合があります。

必要書類

本人確認書類

  • 本人確認書類として、運転免許証、パスポート、健康保険証などが必要です。
    ※健康保険証の場合、国民健康保険に加入のかたは、住民票、顔写真付きの住民基本台帳カードの用意も必要です。

収入証明書類

  • 借入限度額が30万円タイプの場合、住民税決定通知書、源泉徴収票等の収入証明書類が必要になります。

その他

  • 返済用預金口座の届印

池田泉州銀行カードローン「パッとサッと」のまとめ

メリット

  • 残高不足時の自動融資機能があること

デメリット

  • 借入限度額が最大30万円と低いこと
  • 借入限度額が30万円のとき、収入証明書類の提出が必要なこと

以上、「池田泉州銀行カードローン「パッとサッと」のメリット・デメリットのまとめ」でした。

 - カードローン ,