比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

アイフルのカードローンのメリット・デメリットのまとめ!30日間利息0円

      2017/04/20

利用限度額は最大500万円・来店不要で最短即日融資可能・審査は30分で完了・30日間利息0円の「アイフルのカードローン」をご紹介いたします。
申込はこちら

アイフルのカードローンの利用可能者

カードローンを申込できる条件は以下の条件すべてを満たす場合です。

  • 年齢が満年齢20歳以上69歳以下の方
  • 安定継続した収入と返済能力を有する者
  • アイフル株式会社の基準を満たす者
  • 既にアイフルと契約中のかたは、利用できません。

アイフルのカードローンのメリット

30日間利息0円サービス

はじめての利用の方は、契約日の翌日から30日間利息0円サービスが受けられらます。(契約日は日数カウントなし)

利息0円期間中に返済日が到来したときは、残高に応じた返済額の入金は必要です。ただし、入金額は、元金に充当されます。
ATM手数料、カード再発行手数料等の各種手数料が発生したとき、「各種手数料」「元金」の順で充当されます。

1000円〜500万円まで利用可能

利用可能金額(契約極度額)の範囲内で、何回でも繰り返し借入が可能となっています。
なお、利用可能金額は1,000円〜500万円となっています。

最短30分審査完了

次の流れで、申込ができます。最短即日融資(来店不要)も可能となっています。

  • 申込:インターネット・電話・来店で申込
  • 審査:最短30分で審査完了(申込方法に関係なく、審査方法は同一です)
  • 契約:インターネット(書類・カードは郵送)・郵送・来店で契約手続きができます。
  • 借入:アイフル店舗と提携ATMから借入ができます。

アイフルのカードローンのデメリット

金利が高い

金利は、4.5%〜18%となっています。銀行系のカードローンと比較するとやや高めの金利です。

総量規制の対象

消費者金融は、総量規制の対象になるため、年収の3分の1を超える金額を融資することはできません。

詳細情報

利用限度額

利用限度額は、1,000円~500万円(要審査)となっています。
一部のATMにおいて利用は1万円になる場合もあります。

次の方は収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要となっています。

  • アイフル社以外を含めて借入総額が100万円を超える方
  • アイフル社での利用が50万円を超える方

金利(借入利率)

アイフルのカードローンの金利(借入利率)は、実質年率4.5%~18%になります。
はじめての利用される方は、契約日の翌日から30日間利息0円となっています。
申込はこちら

毎月の返済金額

借入直後残高と支払い方法(35日サイクル制・約定日制)に応じて、返済金額が決定されます。

35日サイクル制

返済期日が、前回返済日の翌日から数えて35日目が返済期限となる支払サイクルです。

最初は借入日の翌日から35日後が返済期限となります。

約定日制(毎月払い)

毎月指定期日(希望する毎月指定日)の支払サイクルです。

例えば、毎月25日を返済日として指定すると、毎月25日が返済期限となる支払サイクル

返済金額

借入直後残高35日サイクル制約定日制
(毎月払い)
1円~100,000円5,000円4,000円
100,001円~200,000円9,000円8,000円
200,001円~300,000円13,000円11,000円
300,001円~400,000円13,000円11,000円
400,001円~500,000円15,000円13,000円
500,001円~600,000円18,000円16,000円
600,001円~700,000円21,000円18,000円
700,001円~800,000円24,000円21,000円
800,001円~900,000円27,000円23,000円
900,001円~1,000,000円30,000円26,000円
1,000,001円~3,000,000円は10万円毎1,000円ずつ加算
1,000,001円~3,100,000円51,000円47,000円
3,100,001円~4,900,000円1,000円ずつ加算
4,900,001円~5,000,000円70,000円66,000円

以上が、アイフルのカードローンのメリット・デメリットのまとめ!30日間利息0円でした。

申込はこちら

 - カードローン