比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットのまとめ

      2017/05/10

WEBで終日申込み可能・最短即日審査も可能・おまとめ、借りかえもでき提携ATM手数料は24時間365日無料の「オリックス銀行カードローン」をご紹介いたします。

申込はこちら

オリックス銀行カードローンの利用可能者

カードローンを申込できる条件は以下の4条件すべてを満たす場合です。

  • 満年齢20歳以上69歳未満の方
  • 日本国内居住者(外国籍の方は、永住権または特別永住権を持っている者)
  • 原則、毎月安定した収入のある者
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができる者

オリックス銀行カードローンのメリット

パート・アルバイトも申込可能

パート・アルバイト勤務の方も申込可能となっています。

おまとめ・借り換え可能

カードローン・ローン・キャッシングなど複数社からの借り入れを、オリックス銀行カードローンにまとめることが可能となっています。

提携ATM手数料無料

すべての提携ATMから1,000円単位で借入ができ、借入と返済ともに24時間提携ATM利用手数料無料となっています。

利用可能な提携ATM(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・E-net・ローソンATM・イオン銀行)は95,000台以上(2016年5月現在)あります。

即時振込融資サービス

インターネットまたは電話から振込融資の申込をすることで、次の条2つの条件を満たすことで指定口座に融資金を振り込んでいただけます。

  • カードローンの契約後(カード発行後)
  • 登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただくこと

ジャパンネット銀行宛

ジャパンネット銀行を振込先に指定すると、契約後(カード発行後)24時間(23:50〜24:10以外)365日即時振込されます。

ジャパンネット銀行以外の銀行宛

平日8:40〜15:00に振込融資申込をすると契約(完了)後、最短即日振込(可能)されます。それ以外の日時は、翌営業日の9:00〜10:00に振込みになります。

申込はこちら

オリックス銀行カードローンのデメリット

金利が少し高い

最高金利は17.8%となっています。銀行は15%程度が標準のため、少し高い金利かもしれません。

詳細情報

利用限度額

利用限度額は、1,000円〜最高800万円となっています。なお、利用限度額は、審査で決定されます。(自分で選択できません)

利用限度額は、返済実績に応じて後日増額を希望することも可能です。目安は、半年間遅滞なく返済した実績をつくることです。

金利(借入利率)

オリックス銀行カードローンの金利(借入利率)は、利用限度額に応じて次のようになっています。

利用限度額金利
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
500万円超700万円以下3.5%~5.8%
300万円超500万円以下4.5%~8.8%
150万円超300万円以下5.0%~12.8%
100万円以上150万円以下6.0%~14.8%
100万円未満12.0%~17.8%

毎月の返済金額

借入残高に応じて、毎月の返済金額が次のようになります。

借入残高毎月の返済金額
30万円以下7,000円
30万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超150万円以下30,000円
150万円超200万円以下35,000円
200万円超250万円以下40,000円
250万円超300万円以下45,000円
300万円超400万円以下50,000円
400万円超500万円以下60,000円
500万円超600万円以下70,000円
600万円超80,000円

申込はこちら

 - カードローン ,