比べる.com

都銀・地銀・ネット銀行・信用金庫のメリット・デメリットのまとめ

朝日信用金庫カードローン「きゃっする」のメリット・デメリットのまとめ

   

朝日信用金庫カードローン「きゃっする」のメリットは、借入限度額が500万円以下の場合、収入証明書類の提出が不要で、パート・アルバイト、専業主婦のかたも利用可能な信用金庫系カードローンとなっています。

おすすめカードローン

朝日信用金庫カードローン「きゃっする」の商品詳細

カードローンを利用できるかた

次の条件を満たすかたが、朝日信用金庫のカードローン「きゃっする」を利用できます。

  • 申込時満年齢が満20歳以上満65歳以下のかた
  • 安定継続した収入のあるかた
    ※パート・アルバイト、専業主婦(配偶者の年齢が69歳以下で安定継続した収入があること)のかたも対象です。
  • 朝日信用金庫の営業区域内(【東京都】23区、西東京市 【埼玉県】戸田市、蕨市、さいたま市(旧岩槻市除く)、八潮市、草加市、川口市、三郷市、越谷市、和光市、新座市、朝霞市、吉川市 【千葉県】松戸市、市川市、流山市、柏市、鎌ヶ谷市、船橋市、浦安市、習志野市、千葉市、八千代市、佐倉市、四街道市)に居住または勤務(営業)されているかた
  • 保証会社である信金ギャランティ株式会社の保証を受けられるかた

カードローンの使途

  • 事業性資金を除いて、自由に利用できます。

借入限度額

  • 借入限度額は、50万円以上800万円以内の10種類(50万円、100万円、150万円、200万円、300万円、400万円、500万円、600万円、700万円、800万円)から、朝日信用金庫所定の審査に基づき決定されます。
  • 専業主婦の借入限度額は、50万円です。

借入利率

  • 借入利率(固定金利)は、年2.6%〜年14.6%です。次の通り、借入限度額に応じて借入利率は、決定されます。
借入限度額借入利率
50・100万円年14.60%
150・200万円年12.00%
300万円年9.80%
400万円年7.50%
500万円年5.50%
600・700万円年4.50%
800万円年2.60%

カードローンの借入方法

ATMから借入する方法

  • ローン専用カードが、契約後発行されます。
  • 朝日信用金庫ATMから出金をすることで借入利用できます。(利用するATM・時間帯によって、所定のATM利用手数料が発生する場合があります。)

カードローンの返済方法

約定返済

  • 毎月10日(朝日信用金庫が休業日の場合は翌営業日)の約定返済日に、約定返済日の前日利用残高に応じて下記返済額を指定の返済用預金口座から引き落しされます。
利用残高返済額
50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超200万円以下30,000円
200万円超300万円以下40,000円
300万円超500万円以下50,000円
500万円超800万円以下60,000円

随時(任意)返済

  • 朝日信用金庫ATMや本支店窓口から、好きなときに好きな金額を任意で返済することが可能になります。(任意返済しても、毎月の返済(約定返済)は必要です。)

担保・保証人

  • 原則担保・保証人は不要です。
  • 信金ギャランティ株式会社が保証会社です。

手数料

  • カードローンの申込・入会金・年会費は無料です。
  • 利用するATM・時間帯によって、所定のATM利用手数料が発生する場合があります。

必要書類

本人確認書類

  • 本人確認書類として、運転免許証、住民基本台帳カード、パスポートなどが必要です。

年収証明書類

  • 借入限度額が500万円超の場合、収入証明書類(所得証明書、給与証明書、源泉徴収票、給与明細書等)の提出が必要です。

朝日信用金庫カードローン「きゃっする」のまとめ

メリット

  • 借入限度額が500万円以下の場合、収入証明書類の提出が不要なこと
  • パート・アルバイト、専業主婦のかたも利用可能であること

デメリット

  • 利用するATM・時間帯によって、所定のATM利用手数料が発生する場合があること
  • 月々10,000円からの返済額のため返済がしにくいこと

以上、「朝日信用金庫カードローン「きゃっする」のメリット・デメリットのまとめ」でした。

 - カードローン ,